• 教育振興会のウェブサイトへ
  • 長野県のウェブサイトへ
  • 学校案内
  • イベント
  • 入試案内
  • セミナー
  • アクセス
  • 高校生の方へ
  • 卒業生へ
  • 学校案内サブカテゴリ
  • ご案内
  • 実施報告

「DREAM CUP ソーラーカーレース鈴鹿2006」でクラス優勝しました!
(8月4日〜8月6日)

 制御技術科の学生が、卒業研究の一環として製作に取り組んでいるソーラーカーFizzer18が、「DREAM CUP ソーラーカーレース鈴鹿2006」ENJOYクラスに出場し、初優勝しました。
 ソーラーカーは、車体の上に取り付けた太陽電池パネルで電気を発生させて走る車です。部品加工、フレーム溶接、電気配線、FRPボディの成型などの工程の殆どを、学生たちが手作業で製作しました。
 過去の成績も良好で、2005年は3位、2003年2位入賞を果たしています。


【大会名】 「DREAM CUP ソーラーカーレース鈴鹿2006」

【場  所】 三重県鈴鹿市 鈴鹿サーキット

【開催日】 平成18年8月4日(金)〜8月6日(日)
       4日 公式車検など/5日 公式予選、8時間耐久/6日 4時間耐久、8時間耐久

◇◇◇ ENJOYクラス(480W以下、鉛蓄電池を使用) ◇◇◇
 4時間の耐久レースで、大学、短大、高校、一般など38チームが参加しました。
 今年の成績 優勝 長野県工科短期大学校(43周)
          2位 宇都宮工業高校 科学技術研究部(42周)
          3位 OLYMPUS RS(41周)


レースレポート

 「DREAM CUP ソーラーカーレース鈴鹿2006」は、国際レーシングコースとして有名な鈴鹿サーキットのフルコース(1週5.81km)を舞台に繰り広げられる、ソーラーカーによるレースです。

 複雑なカーブや起伏に富んだ本物のサーキットコースであるため、走りきれるだけの持久力だけでなく、瞬間的なパワーや高い運転技術と操作性が求められるレースです。

2日間で合計8時間走行するDREAMクラスとCHALLENGEクラス、1日で4時間走行するENJOYクラスがあります。 本校のソーラーカーFizzer18は、ENJOYクラスに参加しました。

 予選3位からスタートしましたが、1周目のS字カーブでトップに立ち、以降も安定したラップタイムを刻み、そのまま1位でチェッカーフラッグを受けました。



トップページへ



All Right Reserved. Copyright(C) NAGANO PREFECTURAL INSTITUTE OF TECHNOLOGY