• 教育振興会のウェブサイトへ
  • 長野県のウェブサイトへ
  • 学校案内
  • イベント
  • 入試案内
  • セミナー
  • アクセス
  • 高校生の方へ
  • 卒業生へ
  • 学校案内サブカテゴリ
  • ご案内
  • 実施報告

やまなしエコエネルギーコンテスト(ソーラーカーコンテスト)に出場
(2008年11月16日(日))



 11月16日(日曜日)に小瀬スポーツ公園体育館(山梨県甲府市)において、 やまなしエコエネルギーコンテスト(ソーラーカーコンテスト)が行われ、 電子技術科の伝田、太田研究室から2チーム(ACE_改、 サニードライブ) が参加しました。競技の結果は下記のとおりです。



ACE_改    :4位(担当学生:甘利秀明さん、齊藤広志さん、佐藤光太さん)
サニードライブ:ベスト8(担当学生:高野翼さん、寺島雄哉さん、松山直哉さん)
参 加 校 数  12校(大学:5、短大:2、高専:2、高校:3)
参加チーム数  23チーム(大学:10、短大:5、高専:2、高校:6)


 参加23チーム(棄権2)中完走は8チームという難しい競技の中、2回目の出場で、今年度は完走を 目指して出場した本校の2チームはいずれも完走し、予選を突破しました。 決勝トーナメントでは、サニードライブは準々決勝で今年度の優勝チームである 山梨県立産業技術短期大学校(チーム名:エコロン)と対戦して敗退しベスト8の成績でした。 一方、ACE_改は、準決勝で敗退し、3位決定戦では愛知工業大学(チーム名:AIT・E-ePRC) に惜しくも敗れて4位となりました。今年度の成果をもとに改良を重ねて、 来年は上位入賞を目指したいと思います。





◆競技の方法
 室内の全長17.4mのコースを、ソーラーパネルからの発電のみで、 引かれたライン上を自律走行してタイムを争う競技です。 まず、予選として各チーム3回走行を行い、そこでのベストタイム(完走できなかった場合は走行距離) の上位16チームが決勝トーナメントに進むやり方で行われました。 コース途中には、2個所のスポットライトによる充電可能場所と坂道・S字カーブが連続するポイントがあり、 ソーラーカーにとっては過酷なコースを走行します。



トップページへ



All Right Reserved. Copyright(C) NAGANO PREFECTURAL INSTITUTE OF TECHNOLOGY