• 教育振興会のウェブサイトへ
  • 長野県のウェブサイトへ
  • 学校案内
  • イベント
  • 入試案内
  • セミナー
  • アクセス
  • 高校生の方へ
  • 卒業生へ
  • 学校案内サブカテゴリ
  • ご案内
  • 実施報告

情報技術科の授業での取り組みについて長野朝日放送の取材を受けました.
(平成22年(2010年)9月2日(木))



 

 情報技術科では今、選択制で行っているデータ通信実習の授業の中で、長野朝日放送が現在募集中の「ふるさとCM大賞」への応募を課題とした映像制作に2年生が取り組んでいます。
 この課題は、自分達で発想し、企画して、情報を発信する能力を養うことと、映像を含めた様々な情報をコンピュータを活用して加工する技術を習得することを目的に行っているものです。
 近年情報サービスの業界では、単にプログラミングができるだけではなく、これまでに無い新しいものを創造し企画する能力や、相手に情報を伝えるコミュニケーション能力(プレゼン力)などが求められるようになっています。この授業では、そのような学生を育てることを目標にしています。
 「ふるさとCM大賞」は、この授業の成果を試すよい機会と捉え、学生たちも大きな目標として、積極的に作品づくりに取り組んでいます。
 9月3日の授業では、長野朝日放送から学生たちの取り組みについて取材を受けました。これから本選に向けて、上田市の予備選考(9月15日締切)が行われますが、学生たちは、本選を目指して、最後の仕上げに励んでいます。取材の内容は、お正月に放送される「ふるさとCM大賞」の番組の中で紹介される予定です。







トップページへ   最新のイベント実施報告へ



All Right Reserved. Copyright(C) NAGANO PREFECTURAL INSTITUTE OF TECHNOLOGY