• 教育振興会のウェブサイトへ
  • 長野県のウェブサイトへ
  • 学校案内
  • イベント
  • 入試案内
  • セミナー
  • アクセス
  • 高校生の方へ
  • 卒業生へ
  • 学校案内サブカテゴリ
  • ご案内
  • 実施報告

制御技術科の学生が第17回ロボットグランプリで準優勝しました.
(平成26年(2014年)3月22日(土)〜23(日))



 制御技術科2年生 土屋伸哉さんが、3月22日から23日にかけて科学技術館で行われた一般社団法人日本機械学会主催の第17回ロボットグランプリ ロボットランサー競技 スタンダードクラスにおいて準優勝しました。
 ロボットランサー競技は、エネルギー源と制御装置を内蔵し、自律で動く槍を装備した槍騎兵(ランサー)ロボットが、円周状のコースラインを周回しながら、コースラインの左右にある標的を次々と突いていく競技です。それぞれの標的には予め得点が決められており、標的を突くたびに得点が加算されていきます。60秒間に獲得した総得点数を競います。
 今年のスタンダードクラスには,全国の大学,専門学校などから81体のランサーロボットがエントリーしました.土屋さんの製作したロボットは,予選を3位で通過した後,決勝では3位に120ポイント差をつけて1480ポイントを獲得し,準優勝しました.
 競技会において,土屋さんは多少のアクシデントにもめげずロボットの能力を最大限に引き出すべく最善の努力をしていました.今回の結果は幸運によるところが大きいですが,技能技術の面では大学生に負けないことを示してくれたと思います.土屋さんは4月から県内企業で制御設計技術者として働き始めます.社会人生活において,今回の成功体験を生かしてもらいたいと思います.



トップページへ   最新のイベント実施報告へ



All Right Reserved. Copyright(C) NAGANO PREFECTURAL INSTITUTE OF TECHNOLOGY