• 教育振興会のウェブサイトへ
  • 長野県のウェブサイトへ
  • 学校案内
  • イベント
  • 入試案内
  • セミナー
  • アクセス
  • 高校生の方へ
  • 卒業生へ
  • 学校案内サブカテゴリ
  • ご案内
  • 実施報告

「マイクロマウス2015(第36回全日本マイクロマウス大会)」に出場しました.
(平成27年(2015年)11月20日(金)〜22日(日))



 卒業研究の一環として,情報技術科の2年生の朝倉裕也さんと松尾涼平さん(太 田研究室)の2名が,東京工芸大学厚木キャンパスで開催された第36回全日本マイ クロマウス大会のマイクロマウスクラシック競技フレッシュマンクラスとロボト レース競技にそれぞれ出場しました.
 マイクロマウスは,小型の自律型ロボットが16×16マスの迷路をスタートから ゴールまで走る時間を競う競技で,ロボトレースは,最大60mのコースをライン トレースして,ゴールまでの時間を競う競技です.(自律型とは,リモコンなど の外部からのコントロールを行わずに,ロボット自身の判断で行動できるものを いいます.)
 競技は,いずれも予選と決勝に分けて行われました.予選では,マイクロマウ スが97台のロボットから8×8の迷路を3分間に3回走行して決勝に進める約30台を 選出し, 決勝では,30台のロボットが16×16マスの迷路を7分間に5回走行してタ イムを競います.ロボトレースは,3分で3回走行でき,121台で予選を行い,約 40台の決勝に進めるロボットを選びます.
 予選で,朝倉さんのホバークラフト型のロボットは,ライントレースはきちん と行えていましたが,スピードが足りず,ゴールできずにタイムアウトになりま した.また,松尾さんのロボットは,走行は安定していましたが,迷路探索のプ ログラムの不備でゴールできずに予選敗退となりました.
 大会では,他の参加者との交流や,多くのロボットを見学し,学生も多くのこ とを学ぶことができたと思います.来年度に向けて,卒業までに完成度の高いロ ボットを作ってもらいたいと思います.


トップページへ   最新のイベント実施報告へ



All Right Reserved. Copyright(C) NAGANO PREFECTURAL INSTITUTE OF TECHNOLOGY