就職

基本的なマナー

本校を訪れたことのある方は、校内が非常にきれいであることをご存知でしょう。また、学生は廊下で会ったお客様にきちんと挨拶ができます。特に厳しく指導しているわけではありませんが、挨拶や清掃など基本的なマナーができていることが社会人としてとても重要であることを、自然と学んでいくのです。学校を訪れた企業の方の眼にも、そのような学生の姿は確実に伝わっているのです。細かいことですが、とても大切なことだと考えています。

就職内定率

*情報技術科の平成32年3月卒業予定の学生の4月1日現在の内定状況は26%です。例年よりも、かなり早く内定が出ています。
*情報技術科の平成31年3月卒の就職内定率が100%となりま
した。

情報技術科の近年の就職内定率の状況は以下のとおりです。

  • 平成30年度(12月27日現在) 100%
  • 平成29年度(12月28日現在) 100%
  • 平成28年度(10月19日現在) 100%
  • 平成27年度(11月27日現在) 100%
  • 平成26年度(3月11日現在) 100%
  • 平成25年度(4月1日現在) 100%
  • 平成24年度(2月4日現在) 100%
  • 平成23年度(3月末) 100%
  • 平成22年度(3月末) 96%
  • 平成21年度(3月末) 90%

本校の場合、他の学科と比較して就職率が100%でないと、「何だ情報技術科は全員が就職できないのか」と思われるかもしれませんが、情報技術科は職種が他の学科と異なるため、同じ基準では計れない部分があります。ほとんどの企業で4年生大学卒業者と同じ土俵で勝負しての成績であることを、ご理解ください。また、就職先未定者は、卒業後も1年間学校から就職の支援を続けて受けることができ、就職先未定者のほとんどの人が4月に入ってすぐに就職しています。

※最近の就職先企業は、こちらをごらんください。

就職支援

就職スタートアップセミナー、筆記試験対策セミナー、面接体験講座、企業説明会2回(約90社参加)、などの講座を実施しています。今年度は特に、情報系企業の採用スケジュールに合わせて、他学科に先駆けて就職活動をスタートさせています。本校へは年間約250社から求人票が送られてきます。その中には、本校を指名しての求人も多く、県内の有力企業からも多数の求人があります。本校の高い就職率は、このような企業からの信頼に支えられているのです。本校では、ハローワークと連携した就職相談も行っています。採用試験を何度も受けて、なかなか内定がもらえない学生には、ハローワークの担当者が本校を訪れ、模擬面接や採用情報の提供をしていただいています。