ETロボコン2018 北陸地区大会へ参加しました.

9月16日(日)に金沢工業大学 扇が丘キャンパスで開催されたETロボコン2018 北陸地区大会へ,野瀬研究室のチームが参加しました.参加メンバーは下記のとおりです.

チーム「長工速〜百折不倒〜」

臼井泰吾さん,小林亮太さん,高山幸一郎さん,宮川尚士さん,柳大地さん

初級者クラスであるプライマリクラスへの出場となり,事前に提出してあるUMLを用いたソフトウェアの設計図である「モデル」の審査と併せて,実際に走行体を走行させてタイムを競う「競技」の2部門で勝敗を争いました.

モデルの審査については,例年になく念入りな設計を行い,さらに数回の外部講師によるレビューを行った結果として,「B-」という本校チームの過去最高成績に並ぶ評価となりました.

競技部門では,LコースとRコースという2つのコースをそれぞれ1回ずつ走行し,それぞれの走行タイムと獲得したボーナスタイムの合計であるリザルトタイムで勝敗を決します.結果は,Rコースではベーシックステージを完走,ただ残念なことにボーナスステージである「シーソー」という難所の攻略に失敗してしまいました.Lコースでは,こちらも残念ながらベーシックステージ途中でラインから外れコースアウトトとなってしまいました.

今年は,本校チームの弱点であるモデル図の評価を向上させチャンピオンシップ大会を目指すというのが目標だっただけに,予想外の競技部門のトラブルで大変残念な結果となってしまいました.しかし,大会へ出場するという目標を設定し,自分たちでスケジュール管理をしながら開発に取り組んだ経験は,これから社会へ出てからきっと役に立つ物と思います.

今大会では,本校ETロボコンチームのOBが企業チームメンバーとして参加していたり,さらには多くの研究室OBが応援に駆けつけてくれました.学生たちは,これらのOBの交流からも多くのことを学んだようです.わざわざ金沢まで来ていただいたOBの皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます.