2019 第34回マイクロマウス中部地区初級者大会のロボトレース競技で特別賞を受賞,ロボスプリント競技で優勝しました.

令和元年(2019年)9月1日(日)に第34回マイクロマウス中部地区初級者大会が名古屋工学院専門学校で開催され,情報技術科2年生で太田研究室の羽場 颯太さん,三俣研究室の北澤 圭悟さんと三富 滉貴さんが出場しました.

大会では,

(1) ロボスプリント競技 (羽場さん:ロボット名 ゴードドン)

(2) ロボスプリント競技 (北澤さん:ロボット名 ザワ1号)

(3) ロボスプリント競技 (三富さん:ロボット名 ムック1号)

(4) ロボトレース競技 (羽場さん:ロボット名 ゴードドン)

(5) ロボトレース競技 (北澤さん:ロボット名 ザワ1号)

(6) ロボトレース競技 (三富さん:ロボット名 ムック1号)

にそれぞれ参加しました.

ロボトレースとロボスプリント競技には、羽場さんと三富さんはRaspberry Pi(ラズベリー パイ)というシングルボードコンピュータを利用して機体を作製し,カメラで読み込んだ画像を処理するソフトウェアを実装して出場しました.北澤さんはArduino(マイコンを搭載した基板)で制御する機体を製作して出場しました.

結果は,ロボトレース競技では調整不足により3名とも完走ができませんでしたが,コースラインの検知に,他の出場者が使用していないカメラを使用したことが評価され,長野県工科短期大学校 情報技術科が特別賞を受賞しました.また,ロボスプリント競技は,北澤さんが優勝,三富さんが準優勝,羽場さんが3位でした.

多くのロボットや自分よりもレベルの高い走行を見ることで,学生は多くのことを学び,良い刺激になったと思います.次の大会までに改良や調整を十分に行い,さらに良い結果となるように頑張ってもらいたいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です